Blogブログ

ホーム > ブログ > カウンセリング > 「良い」「悪い」のジャッジをしない

「良い」「悪い」のジャッジをしない

今日は「ジャッジしない」話です。

いつもより敏感になっている方、多いのではないでしょうか・・・?

●些細なことでイラつく
●どーんと落ち込んでいる
●感情のアップダウンが激しい

そのように感じているのは
あなただけではないので、安心してくださいね。

 

ここで大切なのは
「何を感じてもOK」
=「良い」「悪い」のジャッジをしないこと。

●些細なことでイラつくのは「悪いこと」
●どーんと落ち込む自分は「ダメなこと」

「良い」「悪い」という思考で判断すると、ドッと疲れてしまいます。

思考が優位に立ちすぎる
私たちの脳も、とても疲れるのです・・・。

そもそも「人生に正解はない」のですから。

 

そんなときは
自分の感覚を研ぎ澄ませ、
「ああ、そうなんだな・・・」と、ただただ感じきってみましょう。

つらさやしんどさを感じるのも「体があってこそ」

毎日、本当によく頑張ってくれていると思いませんか?

 

そして、あなたの感じた「感覚」がすべてを教えてくれています。

あなたらしく幸せに生きるコツは・・・
「あなたの感覚に従うこと」
ただそれだけなのです。

 

 

 

 

 

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 平日9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る