Blogブログ

ホーム > ブログ > 心理学の知識 > 許すのは「自分のため」です

許すのは「自分のため」です

今日は「許すのは自分のため」という話です。

●絶対許せない!
●どうしても怒りがおさまらない・・・

誰かを「許す」ことは
時として、大変な苦痛を伴います。

 

もしあなたが誰かに対して、
心に「ギュッと」許せない気持ちがあるとしたら・・・

まずはその気持ちを感じきることが大切です。

「私はあの人を許せない!」

「私はあの人を許さない!」

そんな気持ちを持っていることを、はっきり認めましょう。

 

許すとらくになれる、といいますが、
それは気持ちを「十分感じきったあと」の話。

心にわだかまりを感じたまま
「相手を許そう」なんて到底思えないでしょう・・・?

 

まずはあなたの気持ちを認め、
「許せない気持ちを持ってていいんだよ」
と、あなた自身を「許す」ことから始めてみましょう。

 

そして「私は、どうして許せないのだろう?」
あなたの心に問いかけてみてください。

●○○してほしかった
●もっとこうしたかった
●悲しかった・・・
●さみしかった・・・

胸がチクリと痛む、そんな本心が出てきませんか?

その本心は「あなたに受け入れてもらいたくて」出てきた気持ち。

「そうだったんだね・・・」と、あなたの本心を許してあげてほしいのです。

 

自分の心を許せば許すほど、
心の器が広がり、自然と相手をも許せるようになっていきます。

「許す」という行為は、相手のためではなく「自分のため」なのです。

 

 

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 平日9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る