Blogブログ

ホーム > ブログ > 心理学の知識 > アソとデソって?

アソとデソって?

今日は「アソシエイトとデソシエイト」の話です。

これらはNLPの用語のひとつ。
「受け止め方の違い」を表します。

●「アソシエイト」とは・・・
いわゆる当事者の立場。
自分の目で、ものごとを見ている状態。
自分の思いが強く、主観的。
感情移入しやすいタイプ。

●「デソシエイト」とは・・・
いわゆる傍観者の立場。
自分も含めた状況を、第3者の立場から見ている状態。
わりと落ち着いており、客観的。
他人事のように分析するタイプ。

 

あなたは普段、どちらに近いでしょうか?

どちらがいい悪いではなく、
自分にとって優位な感覚がわかっていると、とても便利です。

 

例えば、
●嬉しいことや楽しいこと・・・
当事者として「アソシエイト」すれば、より最高な気持ちになれるでしょう。

●悲しいことやつらいこと・・・
あえて「デソシエイト」し、客観的に見るようにすれば、落ち着いてとらえることができます。

 

「あのとき・・・イヤだったなぁ」
「昔は本当につらかった・・・」

過去の嫌なできごとを
ずっと引きずっていると(アソシエイト)
ずっと嫌な気持ちのままですよね・・・。

そんなときは、
客観的な視点(デソシエイト)に立ち、
嫌な感情を和らげるのがオススメです。

「受け止め方」はあなたが気づいたときに、自由に変えることができます。

「アソとデソ」ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

タグ

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 平日9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る