Blogブログ

ホーム > ブログ > 心理学の知識 > 私たちは「見たいものだけ」見ている

私たちは「見たいものだけ」見ている

今日は「焦点化の法則」についてです。

脳の性質のひとつに、
「1つのことしか理解できない」というものがあります。

私たちがいつも使っている意識(顕在意識)は、
基本的に、1つのことしか焦点を当てることができません。

 

あなたにもこんな経験ありませんか・・・?

●授業中、先生の話を聞きながら、
「今度の休みどこ行こうかな~」とぼんやり考えてしまう。

先生の話は、
物理的には「聞こえている」けれど
内容はちっとも頭に入ってこない!

遊びに行きたい場所ばかり、頭に浮かんでは消え、
肝心な授業はうわの空・・・(笑)

 

つまり、
脳は「意識した1つのことしか見えない」

●妊娠したとたん、周囲に妊婦が増えた
●退職したら、やたらと求人情報が目に入る
●ダイエット食品にすごく詳しい など

脳は、あなたが意識したものに「焦点」を当て、
それ以外は、自然と「省略」しているのです。

「自分の興味や、関心のあることしか覚えていない」のは
実はとても自然なこと。

私たちのコミュニケーションが
うまくいかないのもわかる気がしますね・・・。

 

あなたの「焦点」はどこに合っていますか?

あなたの目には、どんな世界が見えていますか?

 

 

 

 

 

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 平日9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る