Blogブログ

ホーム > ブログ > 心理学の知識 > 感情を無視しない

感情を無視しない

今日は感情の話です。

●うれしい!たのしい!
●ドキドキ!ワクワク!
こんな感情は私たちを明るくさせてくれますね。

●イラッ!むかつく!
●ショックだ・・・
●しんどい・・・
このような感情はできれば避けたいと思うのが人間でしょう。

ですが「喜怒哀楽」という言葉があるように、どの感情もいわば同じもの。
喜びだけを感じたい!と思っても、実際そうはいきません。

 

ではどうすればいいか?
答えは・・・
「どんな感情も受け入れる」こと。

怒りや悲しみなど心に負担がかかった時、
「カッチーン!あ、私怒ってる!」
「え・・・そんなの悲しい・・・そっか、私はいますごく悲しいんだ・・・」

とその感情を感じている自分を「認めてあげる」
ただそれだけ、でいいのです。

怒り、憎しみ、悲しみ、つらさ、嫉妬、胸にドロドロうずまくどんな感情も、です。

 

するとどうなるか?
認められた「感情」は一気におさまり、心が軽くなります。

感情に気づいているので、
そのあとの対処法を変えることができます。

そのまま怒り続けるか、
そんなこともあるか、と怒りを手放すか。

より前向きに解決する方法を「自分で選ぶ」ことができます。

 

ただ支配的な親や厳しい環境で育った人間には、なかなかこれができません。
感情を感じることさえ「我慢」してしまうからです。
「こんなことでイライラしちゃダメだよな」
「悲しいけど、もっとつらい思いをしてる人はいっぱいいる」
このよくわからない「我慢」がまさにストレスのもと。

「イライラするー」
「なんかしんどいわ-」と感じたら
「そう思ってもいいんだよ」と自分に許可を出してあげましょう。

大丈夫。
あなたの感情はまちがってなんかいません。

感情こそがすべてを教えてくれるのです。

 

 

 

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

タグ

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 平日9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る