Blogブログ

ホーム > ブログ > 心理学の知識 > そのジャッジ、ゆるめていきませんか?

そのジャッジ、ゆるめていきませんか?

今日は「ジャッジをゆるめる」話です。

●それは違う!
●こうした方がいいに決まってる
●あの人はまちがっている

普段、相手や物事を「ジャッジするクセ」ありませんか?

(法に触れる行為は、また別の話)

 

「良い・悪いのジャッジをしない」
https://mentalcare-m.com/counseling/post-4009/

 

相手や物事を「ジャッジするクセ」は、
あなたの心を重くする原因のひとつです。

なぜなら・・・
自分でコントロールできないことを
「コントロール」しようとしているから。

 

そういう人は、
●自分が上でないと、見下されるんじゃないか?
●勝たないと気が済まない!
●他の意見を言われたら、自分が困る

など、心の奥底には「恐れ」が隠れています。

 

でも「恐れからの行動」はうまくいきませんから、
結局、自分自身が苦しむことになってしまうのです。

 

同様に「自分へのジャッジ」していませんか?

●こんな自分はダメ!
●私には価値がない
●もっとがんばらなくちゃ!

自分への厳しすぎる「ジャッジ」は、自己否定をさらに強めてしまいます。

(世界の中でも、日本人の自己肯定感は極端に低いのです)

 

あなたが生きていること、
それだけで、もうすでに「すばらしい価値がある」のです。

そのジャッジ、ゆるめていきませんか?

相手のためではなく、
大切なあなた自身のために。

 

 

 

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 平日9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る