Blogブログ

ホーム > ブログ > カウンセリング > 悲しむことを自分に許す

悲しむことを自分に許す

今日は「悲しみや寂しさ」の話です。

あなたは、悲しみや寂しさを感じることを自分に許せているでしょうか?

●寂しいなんて思っちゃいけない・・・
●悲しいけど、今は我慢しないと!

そんなふうに
自分の感情を押し殺していると、知らず知らずのうちに、あなたの心が麻痺してしまいます。

気づいたら鬱っぽくなっていたり、
どうしてもやる気が起こらなかったり、
心に負荷がかかりやすいのですね。

 

悲しみや寂しさも、私たちの大切な感情です。

 

母を亡くしたばかりの私が
比較的落ち着いた状態で、穏やかな気持ちでいられるのも、
すべての感情を受け入れているから。

悲しいときは人目をはばからず涙を流し、湧き上がる想いを素直に感じきっているからです。

それは私にとって、母がかけがえのない人だったからこそ感じる想い。

心から愛していたからこそ、感じる痛み。

 

もし、あなたが誰かを想い
涙を流すことがあったとしても・・・
その感情は、あなたの「愛」そのもの。

無理して元気になろうとせず、
どうかあなたの愛を心から感じきってくださいね。

 

それほどまでに愛せる相手に出会えたことが、何よりも素晴らしい奇跡だと思うから。

私たちは今、本当に尊い時間を過ごしているのです。

 

あなたの心がホッとらくになるカウンセリング、いつでもご相談くださいね。

 

「怒りや悲しみが気づかせてくれること」
https://mentalcare-m.com/psychological-knowledge/3331/

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 土日祝9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る