Blogブログ

ホーム > ブログ > 心理学の知識 > 私たちの脳は、現実とイメージが区別できません

私たちの脳は、現実とイメージが区別できません

今日は「脳は現実とイメージが区別できない」話です。

普段、私たちが感じるストレスの多くは
自分自身の思い込みが「そう思わせている」ことが多いのですが、
その原因は、脳にあります。

実は、私たちの脳は
現実とイメージの区別ができません。

 

例えば・・・
昔、犬にかまれて今でも犬が苦手な人の場合
犬自体が怖いのではなく、
犬に対してのイメージ(記憶や思い込み)が
「わたしは犬が怖い!」と錯覚させている状態です。

そして、犬をイメージだけで
●実際に胸がバクバクしたり
●冷や汗をかいたり
身体感覚が反応してしまうのですね。

 

●男性とうまくいかない
●母親が苦手
●自分のことを好きになれない など

これらはすべて
あなた自身が作ったイメージが、
あなたの脳の中で「それが現実だ」と錯覚している状態なのですね。

 

イメージすればするほど
私たちの脳は強く記憶し、
また習慣化されますから
あなた自身の錯覚(思い込み)はますます強化されていく・・・というカラクリ。

(それが今のあなたの状況です)

なんだかもったいないと思いませんか?

あなたの可能性が、あなたの錯覚でつぶされているなんて。

 

もしあなたが今つらい思いをしているのなら・・・
その思い込み、少しづつ解き放っていきませんか?

私たちは誰でも「なりたい自分」になれるのです!

 

あなたの心がホッとらくになるカウンセリング、いつでもご相談くださいね。

 

「脳は否定形を理解できない」
https://mentalcare-m.com/psychological-knowledge/post-934/

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 土日祝9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る