Blogブログ

ホーム > ブログ > 心理学の知識 > そんなの知らんがな!でいいんです

そんなの知らんがな!でいいんです

今日は「相手のことが気になる時」の話です。

●どうしてあの人は、あんな態度を取るの?
●なんでまだ既読がつかないの?
●本当は私のこと、どう思っているんだろう?

相手のことが、ずっと気になって仕方ない
寝る前に悶々と思い出してしまう・・・

そんな経験、あなたにもありませんか?

 

結論から言うと・・・
あなたがいくら考えたところで
あなたがどれほど思い悩んだところで

その答えは、相手に聞かない限り、わかりません!

 

自分以外の人間のことは
あくまでも「憶測」に過ぎず、本当のところは、その本人にしかわからない。

(だから、家庭や職場でコミュニケーションエラーが起きやすい)

そう、相手に聞かない限り
答えがわからないことを、あなたの思い込みで延々と考え続けている。

それって、あなたにとって楽しい時間なの?

わざわざ自分を苦しめていることに、気づいてる?

 

実はココに、あなたの無意識が現れているのですね。

●結婚生活は、どうせこんなものでしょ
(そんな生活が死ぬまで続きますが、本当にそれでいいの?)

●私さえ我慢すれば済む話
(あなたの我慢、きっと周囲は気づいていません・・・)

●私は、誰からも大切にされない
(人のせいにしている限り、その待遇は変わらないでしょう)

●苦しい我慢の先に、良いことがある など
(今すぐ、良いことがあってもいいよね?) 

自分で自分をどう扱っているか?
古い価値観に縛られているか?が、よくわかるんです。

 

もし、相手のことを気にしている自分に気づいたら・・・
「本人に聞いてみなきゃ、わからないよな」
「そんなの知らんがな!」

自分自身にツッコんであげてください。

客観性に欠けている自分に気づくことが、あなたの心を軽くするコツ!

その悩み、少しは小さくなることでしょう。

 

あなたの心がホッとらくになるカウンセリング、いつでもご相談くださいね。

 

「そもそも価値観は違う、前提で生きる」
https://mentalcare-m.com/counseling/post-10791/

 

 

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 土日祝9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る