Blogブログ

ホーム > ブログ > 心理学の知識 > それ、本当に食べたいですか?

それ、本当に食べたいですか?

昨日の続きです。

具体的に・・・
「自分の感覚を優先する習慣」
とは?

 

「なんで私ばっかり、こんな目に遭わなきゃいけないの?」と思ったら
https://mentalcare-m.com/psychological-knowledge/post-6014/

 

例えば
●友達とランチに行ったとき・・・

友達 「私、Aランチ!」

あなた 「じゃあ私も同じの!」

あなたが本当にAランチを食べたければいいのですが、
「Bランチも美味しそうだな~!
でも同じほうが頼みやすいかも?」と

相手に合わせてしまうこと、ありませんか?

(あなたが食べたいメニューを選んでいいのです)

 

または、食事のとき

●ご飯を残してはいけない!
●もったいないから食べるか~

もうお腹いっぱいなのに
とりあえず食べていませんか?

 

余った物は次の食事に回すなり、
思いきって一度捨ててみると、胸が痛み・・・

●次からは作りすぎないようにしよう
●捨てないように、食べられる分だけ買おう

納得できるので、むしろ健康的。

(決して捨てることを勧めているわけではありません)

食べたくない時は「食べない」ことを選ぶ、だけ。

 

「え!そんなこと?」
と思うかもしれませんが、そうなのです。

日常の「小さな選択」こそ
「あなたの感覚を優先させる習慣」をつけること。

 

私たちは日常を生きていますから
生活の中で「どれだけ意識できるか」がとても大切です。

つい我慢してしまうあなただからこそ
もっと自分の感覚を優先させていいのですよ。

 

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 平日9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る