Blogブログ

ホーム > ブログ > カウンセラーのつぶやき > 闇は光に変わる・・・あたたかい涙

闇は光に変わる・・・あたたかい涙

今日はつぶやきブログです。
興味があれば読んでくださいね。

先日10ヶ月ぶりくらいに
母と面会することができました。

 

コロナ禍で会えない期間が長くなるにつれ、
私の心の奥底にあった
「母を入院させてしまっている」
そんな気持ちがまたうずいてきたのです。

やむを得ず入院しているのですが、
まだどこかで自分を責める気持ちが残っていたのですね。

母の病気は、誰のせいでもないのに・・・

 

幼少期から散々振り回され
自殺を考えたほど苦しい時期もあったのに、
それでもまだ私は母の顔色をうかがい、
「母が病気になったのは自分のせいだ」と責めている。

胸にモヤッと残るこのわだかまりは、一生消えないのかな・・・

母はどんな顔してるかな・・・

そんなことを思いながら病院へ向かったのです。

 

そこには
両脇を支えられながら立ち、穏やかに笑う母がいました。

「お母さん・・・!」

明るく声をかけたものの、
以前よりさらに小さく細くなった母を見たとたん、
涙があふれ、視界がぼやけていく・・・。

なぜか小さな母がとても神々しく見えたのです。

 

「ずっと会いたかったから、涙が出てきちゃったよ~」

ホッとして泣きながら笑う私を見ながら
母はケロッと
「ねえ、なんか飲み物ある?」とか
「時計を持ってきて」とか・・・お決まりの会話。

 

「うん、わかったよ。それはまた今度ね」

頬に流れる涙をそのままに、
あいづちを打ちながら
胸の奥がジワ~ッと熱くなるのを感じました。

 

その瞬間
「あぁ、もう終わりにしよう」

自然とそう思えたのです。

母のことで自分を責めるのは、もう今日で終わり。

ずーっと胸の奥にあった小さなわだかまりが
あたたかい涙と一緒に溶けていったのを感じたから。

もういいかげん、自分を許してあげよう。

 

病棟の扉越しに、
たった5分間の面会でしたが
母が生きてくれていることがどれほど幸せなことか・・・
心が一気に浄化された瞬間でした。

 

闇は光に変わる。

自分の心に向き合うのはしんどいけれど、
あなたの抱えているその恐れや不安は
いつか必ず光に変わります。

だから闇を恐れなくても大丈夫。

一緒にあたたかい光に変えていきましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 平日9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る