Blogブログ

ホーム > ブログ > カウンセリング > 「お兄ちゃんなんだから!」「お姉ちゃんでしょ!」子供に言っていませんか?

「お兄ちゃんなんだから!」「お姉ちゃんでしょ!」子供に言っていませんか?

今日は「子供の名前を呼ぶことの大切さ」の話です。

お子さんのいる方や
兄弟のいる方なら、思い当たることがあるのではないでしょうか?

●お兄ちゃんなんだから、しっかりしなさい!
●お姉ちゃんなんだから、兄弟の面倒を見てよ
●我慢しなさい!お姉ちゃんでしょ! など

「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」

普段当たり前のように使っている言葉ですが
これもれっきとした「ラベリング」です。

(長男長女にしっかり者が多いと言われるゆえんかもしれません)

 

ですが・・・

悩みを抱えていたり
元気をなくしている子供にとって、
この言葉がどれほど重い言葉か、あなたは想像したことありますか・・・?

そう、子供自身、生まれてくる順番は決められません。

(もちろん魂として見れば、
両親も兄弟もすべて自分がお空の上で決めて、この世に生まれてきているのですが、それはまたの別の機会に)

 

●好きでお兄ちゃんになったわけじゃない!
●私だって妹に生まれたかった!!
●私ばかり、そんなに期待しないで・・・

「兄であること」「姉であること」が
とてもしんどく、重荷に感じることが多々あるのです。

小さい子供ならなおさらのこと。

 

もし子供との関係に悩んでいる方がいたら・・・
ぜひお子さんの名前で呼んであげてください。

その名前は、この世界にたった1つしかない、素晴らしい贈り物。

お兄ちゃんでもお姉ちゃんでもない、
その子の存在そのものを認めてあげる大切な呼び名です。

親から名前を呼ばれるたび、
子供は無意識のうちに
「私はこの世に存在していいんだ!」と思えるのです。

 

「母」「娘」「姉」「嫁」など
私たちには多くの役割がありますが
その役割自体が、私たちの重荷になっているのもまた事実。

たった1つしかない大切なお子さんの名前で、たくさん呼んであげてくださいね!

 

あなたの心がホッとらくになるカウンセリング、いつでもご相談くださいね。

 

「ラベリング、あなたはどんな言葉を使っている?」
https://mentalcare-m.com/psychological-knowledge/post-8634/

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 土日祝9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る