Blogブログ

ホーム > ブログ > カウンセリング > 私は確実に愛されていた・・・祖母と母親との確執①

私は確実に愛されていた・・・祖母と母親との確執①

青木さやかさんの記事を読んで・・・
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6354265

私自身の葛藤と重なり
実体験を書いてみようと思います。

 

母と娘の確執、本当に多いですね・・・。

かつての自分もそうでしたが、
摂食障害はその典型的な例といっていいでしょう。

産後うつになったのも、祖母からの度重なる言葉がきっかけでした。

 

長女を出産後、
「あんた(私)を生んで母親は病気になった」
という祖母の言葉を思い出し、
「私も娘を産んだ・・・」
「もしかしたら母と同じ病気?!」
と、完全に思い込んでしまったのです。

ボロボロ涙は出るわ・・・
心臓はドクンドクン音を立て・・・
そんな自分が本当に怖かった。

 

幼少期からずっと
「あんたを生んでこうなった」
と祖母に言われ続けていたので、
「そっか、私はいない方がよかったんだ」

「でも生まれちゃったから・・・
祖母や母の望む良い子でいないと生きている意味がない」

本気でそう思っていたのです。

大好きだった祖母ですが
一番強い影響を受け、何度もぶつかったのもまた祖母。

 

そんな祖母の最期を看取り、
統合失調症の母に対しても、
今となっては
「もう生きててくれるだけでいいや~」と思えるまでになりました。

あきらめとは違う、
ありのままの母を受け止められるだけの「愛」
私の心の中に育ったのです。

面会中もすご~く平和な時間が流れています。
変なこと言ってますけどね(笑)

昔では考えられないほど、
普通に話せるようになりました。

 

祖母も母も「私が望む愛し方」ができなかっただけで、
私は確実に愛されていたことが、腑に落ちたから。

母もまた祖母に愛されたかったのでしょう。

同じように祖母もまた、母親の無償の愛をずっと求めていたのでしょうね。

 

支配的で常に脅されたり
厳しくしつけられたことも
誰のせいでもなかったんだな・・・。

そのことが「体感として」わかってから
私と母の呪縛がスルスル解けていったのです。

 

「祖母と母親との確執②」
https://mentalcare-m.com/counseling/post-3019/

「私のプロフィール」
https://mentalcare-m.com/profile/

 

 

 

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 平日9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る