Blogブログ

ホーム > ブログ > 心理学の知識 > グリーフケア、知っていますか? ~最愛の人を亡くした時の心のケア~

グリーフケア、知っていますか? ~最愛の人を亡くした時の心のケア~

今日は「喪失体験」の話です。

●大好きな母親を亡くした
●待ち望んでいた子供を流産してしまった
●自分の命より大切な息子を、交通事故で亡くした など

もしかしたら
このブログを読んでくれているあなたにも
そんな経験がおありかもしれません。

突然の別れや、予期せぬ病気・・・

それはそれは、本当につらく、悲しい体験です。

 

大切な家族を失うという「喪失体験」は
私たちの心身にとても大きなストレス(ダメージ)を与えます。

この悲嘆に暮れる状態から
やがて新しい環境へ適応していくプロセスを見守っていくことを、
「グリーフケア」といいます。

 

私たちは、この「喪失体験」に向き合うとき・・・

ショックを受ける
 家族を失うという衝撃的なできごとにより
 今までの自分の価値観が崩壊される時期

  ↓

喪失・閉じこもる
 自分の悲しみやつらさ、心の痛みと向き合う時期

  ↓

再生
 亡くなった家族が教えてくれたこと
 これからの自分の生き方について、より深く考えるようになる時期
(新たな価値観を作り、適応していく)

このような順序をたどり、
少しずつ、心の回復を図っていきます。

 

例えば・・・
「いつかやろう!」と先延ばししていたことを
具体的に「○○までにやる」と決めて動き出したり、
「私の人生、このままでいいの?」
と、改めて自分に問い直し、後悔のない生き方を模索するようになるのです。

 

もちろん、悲しみは完全に癒えることはなく
事あるごとに思い出しては涙が流れますが・・・
ゆっくりと長い時間をかけながら、
その「喪失体験」を受け入れていくのですね。

 

そして
一番大切なことは・・・

実は「しっかり悲しんで、泣くこと」なのです。

 

声を上げて号泣したり、
悲しみに打ちひしがれる、
落ち込んで、何も手につかない状態・・・

このような感情や行動も、人として、すべて正常な反応だから。

変に強がったり
涙を見せちゃダメ!と我慢するのではなく、

悲しいときは涙を流し・・・
「もっとやれることがあったかもしれない」

そんな自責の念にかられる自分も許していく・・・

どんな感情も素直に
ありのまま受け入れていくことが、とても大切な心のケア。

 

だから、悲しいときは、思いきり悲しんでいい。

泣きたいときは、我慢せず泣いていい。

無理に立ち直る必要はないのです。

 

あなたが感じるその心の痛みは
亡くなった人が
あなたにとって、誰よりもかけがえのない、最愛の人だった証。

あなたの頬をつたうあたたかな涙は、あなたの愛そのもの。

私はそんなふうに思っています。

 

あなたの心がホッとらくになるカウンセリング、いつでもご相談くださいね。

 

「感情を無視しない」
https://mentalcare-m.com/psychological-knowledge/post-297/

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 土日祝9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る