Blogブログ

ホーム > ブログ > 心理学の知識 > 夜はネガティブになりやすい

夜はネガティブになりやすい

今日は「夜はネガティブになりやすい」話です。

昼間は元気に過ごせたのに、
夜になると・・・

●なかなか眠れない
●昼間のできごとを思い出し、悩んでしまう
●不安や心配でグルグル考えすぎる

みなさんもこのような経験、ありませんか?

 

実は、誰もが
「夜はネガティブになりやすい」のです。

 

このようなときは・・・

●「夜はネガティブになりやすい」ことを知っておく
→ 悩みごとは翌朝に回す
 (よりポジティブな解決策が浮かぶでしょう)

●スマホを見ず、リラックスする時間を作る
→ アロマの香りや、眠りをさそう音楽、
  温かい飲み物を飲む など
  五感に働きかけるのがオススメ

●眠りにつく直前は「願いが叶った未来」をイメージする
 潜在意識が「パッカーン!」と開いているので
  願いが叶ったワクワク感や、胸がジーンと幸せな気持ち、
  ニコニコうれしい気持ちを感じましょう

 (脳が自然とそれを叶える方向へ向かいます)

 

現在だと、外出自粛により
体が疲れていない(運動不足)かもしれません

お天気のいい日は散歩をしたり
適度に体を動かしておきましょうね。
(太陽の光を浴びるとよい睡眠に繋がります!)

 

「夜、眠りにつく前に・・・」
https://mentalcare-m.com/psychological-knowledge/post-756/

「孤独を感じたときは・・・」
https://mentalcare-m.com/counseling/post-777/

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 平日9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る