Blogブログ

ホーム > ブログ > 心理学の知識 > 相手が受け入れやすい!質問のしかた

相手が受け入れやすい!質問のしかた

今日は「相手が受け入れやすい質問のしかた」の話です。

もしあなたが
相手に聞きたいことがある場合

●ねえ!○○どうなってる?□□した?
●なんでそんなことするの?!
●○○はやったの?まだ!?

あなたのその言葉・・・
「質問」ではなく「詰問(きつもん)」になっていませんか?

 

「意見を伝えたいときこそ・・・相手に決定権を渡す」
https://mentalcare-m.com/psychological-knowledge/post-1449/

 

相手に質問しているようで・・・
実は、相手を追いつめてしまっている状態。

自分では「聞いただけ」のつもり。
でも相手は「責められている」と感じてしまうのです。

 

あなたもそうかもしれませんが・・・
私たちは「責められている」と感じた瞬間
●逃げたい!
●反発したくなる!

のが自然なきもち。

なので相手に対し、反抗的な態度を取ったり、逆に心を閉ざしてしまいます。

 

「質問」が「詰問」にならないためには
いつもお疲れさま!
○○の進み具合はどう?

○○してくれてすごく助かっているよ。
そういえば・・・

楽しそうだね~!
ところで宿題はできてる?

など、最初に「相手の状況を受け入れる言葉」をかけること。

相手の状況を認めることは
相手に「安心感」を与えるので、
そのあとに続く言葉も受け入れてもらいやすくなるのです。

 

これはビジネスや夫婦関係、子育てなど、すべての場面で役立つスキルのひとつ。

皆さんもぜひ使ってみてくださいね。

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 平日9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る