Blogブログ

ホーム > ブログ > カウンセリング > 父親の孤独死

父親の孤独死

今日は孤独死の話です。

今や社会問題の1つでもある孤独死。
一人暮らしの方はもちろんのこと、家族や親戚に一人暮らしをしている方がいれば、ふと頭によぎることもあるかもしれません。

 

私の父親は55歳の若さで孤独死しました。
「私が会いに行っていれば・・・」
「息子の顔さえ見せていれば・・・」

そのショックと後悔は今まで味わったことがないほどつらく・・・胸を深くえぐられる痛みでした。

いつか会えると思っていた父親は、6歳までの私しか知らないまま、突然この世を去ったのです。

寂しさと苦しさと悔しさと後悔の念で、
ボロボロ泣いてばかりの日々に、ふと思ったこと。

「お父さんは、私がこんなに悲しんでいるのを望んでいるのかな?」と。

 

生前どんな問題や確執があったにせよ、
亡くなった人は、私たちが精一杯生きることを望んでいるはず。

その想いがストンと腑に落ちてから、
私はもう自分を責めることをやめました。

 

もし、あなたの大切な家族が
孤独死したとしても・・・
決してあなたのせいではありません。

悲しみやつらさで胸が張り裂けそうな思いでしょう・・・
悔やんでも悔やみきれない・・・

でもどうか・・・
もうこれ以上、あなたを責めないで。

どんな状況であれ、立派に命を全うしたのです。

私たち家族は、気が済むまで悲しんだら・・・
あとは命ある限り、堂々と前を向いて生きていきましょう。

それが亡くなった人が一番望んでいる、あなたの本当の姿。

強くて優しい、すばらしい姿です。

大丈夫。
お空の上から、今日もあなたを見守ってくれていますよ。

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

タグ

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 平日9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る