Blogブログ

ホーム > ブログ > 心理学の知識 > YOUメッセージとIメッセージ

YOUメッセージとIメッセージ

今日は「YOUメッセージとIメッセージ」の話です。

皆さん、ご存じでしょうか?
話し方は大きく2種類に分けられます。

 

YOUメッセージとは・・・
相手を主語にした話し方のこと。

例えば・・・
●なんで遅刻するんだ
●どうしてこんなこともできないの?!
●早くしなさーい!

このように「相手に向けられて発する言葉」なので、
どうしても非難・批判のように聞こえがち。

あなたも家族や上司から言われたら・・・いい気分はしないでしょう?

言う人の主観でもあるので、
言われた人は「評価されている」気分にもなり、受け入れにくいのです。

 

I(アイ)メッセージとは・・・
自分を主語にした話し方のこと。

上記の場合だと・・・
●(あなたが遅刻すると)事故にでも遭ったかと、心配だったよ
●これができるようになると、私はとても嬉しい
●すぐに動いてくれると、ママは助かるよ!

このように「その行動で自分はどう思うか」を伝えると、
相手を批判することなく、自分の気持ちを素直に伝えることができます。

 

あなたが素直になって心を開くと、
相手もあなたの気持ちを受け入れやすくなるのです。

それと同時に、相手の行動が周囲に及ぼす影響も伝えることが可能になります。

「いつも見ているよ」
という相手への感謝のメッセージも伝わります。

ぜひ「Iメッセージで」
あなたの言葉を届けてみてくださいね。

 

 

 

 

静岡市葵区 メンタルケア美幸 〜精神対話士がひらく小さな心理カウンセリングルーム

タグ

Reserve and Contactご予約・お問合わせ

お電話でのご予約・お問合わせ

TEL 070-4540-5473

受付時間 平日9~18時
※カウンセリング中は電話に出ることが
できませんのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約の流れについては、「カウンセリングの流れ・料金」ページをご覧ください。

トップに戻る